FAV Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ウィメンズプラザフォーラムで『Women in Struggle』上映!

2008年10月4日。
久しぶりに『Women in Struggle ~目線~』の上映を企画しました。
ナクバ60年というきびしい歴史の節目ですが、できるだけ多くの方にこの作品を見ていただきたいと思っています。

以下、転送転載歓迎です。


-*-*-*-*-*- -*-*-*-*-*- -*-*-*-*-*-
パレスチナ-ナクバから60年。
昨年6月の監督来日全国ツアーを経て、ナクバから、60年の節目にあたる今年、
あらためて、ドキュメンタリー『Women in Struggle ~目線~』を、
ゲストトークとともにお送りします。みなさまのご参加お待ちしています。


++++++++++++++++++++++
2008年10月4日(土)午後18:30-20:30

『Women in Struggle ~目線~』上映+トーク
  @東京ウィメンズプラザ ホール

トークゲスト・田浪亜央江さん
(『<不在者たち>のイスラエル 占領文化とパレスチナ』著者)
<パレスチナ解放運動とその表現をめぐって>
++++++++++++++++++++++

参加費・1000円(介助者無料)
主催・連連影展FAV http://www.renren-fav.org

*トークの際にノートテイクの必要な方は、事前にご連絡いただくか、当日、ス
タッフに声をかけてください。連絡先→fav@renren-fav.org
*会場のウィメンズプラザホールには、親子室があります。

トーク・田浪亜央江さん
<パレスチナ解放運動とその表現をめぐって>
パレスチナをめぐる映像はこれまでも数多く生み出されてきました。その中で、
本作品の独自性を支えているものは何か。歴史的背景やパレスチナ社会の重層性
に触れることで、本作品のメッセージを咀嚼し、広げていく作業の一助となれば
と思います。

上映作品・『Women in Struggle ~目線~』
ブサイナ・ホーリー監督/パレスチナ/2004/56分/アラビア語/日本語字幕

パレスチナの元政治犯の4人の女性たちの生を繊細に追ったドキュメンタリー映
画。ナレーションはなく、女性たちは過去の耐え難い経験や現在のパレスチナで
の日常生活を送る上での困難を自らの言葉で証言。占領された祖国の解放のため
に武装闘争に参与したパレスチナの女たちの、今、なお続く占領下での生活が映
し出される。

監督・ブサイナ・ホーリー(Buthina Khoury)
インディペンデント映画監督。2000 年にMajd 制作会社を起こし、パレスチナを
テーマにドキュメンタリーを作り続ける。本作は、自らが製作・監督・撮影を行っ
た初の長編ドキュメンタリー映画。

トークゲスト・田浪亜央江さん
大学入学の年の1990年に湾岸危機が起こり、サッダーム・フセインによるパレス
チナ問題とのリンケージ論が話題になったことを契機にパレスチナ問題に関わる。
現在、独立行政法人中東担当専門員、大学非常勤講師ほか。
市民サイドからパレスチナに持続的に関わることを目指して2006年9月に発足し
た「ミーダーン<パレスチナ・対話のための広場>」事務局メンバー。
2007年、「Women in Struggle」の字幕監修者として上映活動に関わる。近著に
『<不在者たち>のイスラエル 占領文化とパレスチナ』(2008年5月、インパ
クト出版会)。

*ナクバ:「大災厄」。1948年のイスラエル建国により祖国を追われ難民となっ
たパレスチナ人は70万人以上という。追放や虐殺が起こり、村は破壊されて地図
から消えた。これらの事実をパレスチナ人はナクバと呼ぶ。


◆関連資料(当日、会場でも販売します)

◇映画を読み解くためのガイドブック
『Women in Struggle -目線- パレスチナ 占領・ジェンダー・人権を考える』
 A5版・148頁 定価 1,000円
編集・映画『Women in Struggle -目線-』京都上映会記録集編集委員会
 内容
作品解説、監督の講演録、インタビュー、スクリプト全訳のほか、岡野八代、池
内靖子、レベッカ・ジェニスン、鄭柚鎮、蒔田直子など、ジェンダーと人権の問
題に理論的・実践的に取り組む研究者、アクティヴィストらが独自の視点から作
品を論じた文章などを収録。

購入申し込み先
E-mail : bookwis@yahoo.co.jp
FAX : 075-753-6641
記録集公式サイト:http://mikoan.com/wis

◇DVD『Women in Struggle -目線-』
(ブサイナ・ホーリー/パレスチナ/2004/56分/日本語字幕)
日本語版DVD製作・販売:連連影展(FAV)

価格:5,000円(個人購入)
上映権付 20,000円(ライブラリー価格)
別途送料500円程度かかります。

購入申し込み先 
E-mail:fav@renren-fav.org
FAX:03-3401-8944
公式サイト:http://www.renren-fav.org

◆この企画は、東京ウィメンズプラザフォーラム関連企画です。
東京ウィメンズプラザフォーラム
http://www.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/contents/seminar2_08082701.html

-*-*-*-*-*- -*-*-*-*-*- -*-*-*-*-*-

第5回 FAV 2008.3.2 inブレヒトの芝居小屋@武蔵関


■■■第5回□□□■■■□□□FAV■■■□□□■■■

フェミニスト・アクティブドキュメンタリー・ビデオフェスタ
     連連影展 2008/3/2 (日) 
      http://www.renren-fav.org/index.html
□□□■■■□□□□□□■■■□□□□□□■■■□□□

第5回目のFAVを3月2日(日)にブレヒトの芝居小屋で開催します。
今回は、昨年の山形ドキュメンタリー映画祭でも話題となった
アンケ・ハールマンによる『関西公園 ~Public Blue』をはじめ、
関西クイア映画祭で上映されたパレスチナとイスラエルを舞台にした
『0メートルの隔たり』、人類学者カレン・ナカムラさんによる
『べてる』など、見逃せない作品が揃いました。
みなさまのお越しをお待ちしています。

プログラムA 14:00-15:45
プログラムB 16:00-17:30
プログラムC 18:00-19:30

会場: ブレヒトの芝居小屋
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-35-17
http://www.tee.co.jp/brecht%20raum.htm

チケット: 1プログラム1000円、3プログラム通し券2500円
*介助者無料

◆プログラムA(トークあり)
+++パブリック・ブルー Public Blue 14:00-15:45+++

■『関西公園 ~Public Blue』
監督: アンケ・ハールマン[AHA]
日本・ドイツ・2007年 70分

2006年、大阪。行政のブルーテント強制排除を契機に、野宿者を追うドイツ人監
督。代執行という権力でテントが撤去され人が排除されていく。
〈公共〉 〈秩序〉 〈自由〉 を切り口に、抵抗する当事者と支援者の視点でカ
メラがおっていく。あなたはこれを見過ごしていられるか?画面に付けられた創
意ある文字群にも注目されたし。

■『山形でゲリラ上映会をした!(仮)』
監督: 新井ちひろ
日本・2008年 10分(予定)
各地で自分たちの作品を上映しながら、山形を目指す旅。路上で、河原で、民泊
先で、見てくれる人がいればどこででも!軽トラックにスクリーン、カメラ、食
料を載せて、いざヤマガタへ!


◆プログラムB
+++0メートルの隔たり 
      Zero Degrees of Separation 16:00-17:30+++

■『0メートルの隔たり』
監督: Elle Flanders
カナダ・2005年 90分
パレスチナ人とイスラエル人、男と男、女と女…。イスラエルによるパレスチナ
占領に反対しつつも、様々な差異をもつ4人の日常をカメラはとらえる。合法性
と暴力性、移動と障害、分断と連帯…イスラエル建国当時の記録フィルムも織り
交ぜられ、目の前の現実の重層的なありようが浮かぶ。


◆プログラムC(トークあり)
+++はざまに生きる In Between 18:00-19:30+++

■『べてる』
監督: Karen Nakamura
日本・アメリカ・2007年 40分
北海道の小さな漁村、浦河町に 「べてるの家」 はある。 「幻覚」 にも真っ向
真剣勝負。UFOに乗るにはカワムラスペースセンターで免許を発行してもらわな
くては!精神障害を抱えながら地域社会と共に暮らす 「べてるの家」 に住む人
たちの世界の魅力に思わず引き込まれ、毎日がんばってる自分自身に少し優しく
なれる。

■『ヒョジョンへ』
監督: Luma Yuri Akizuki Matsubara
制作: 多文化な背景をもつ子どもたちによる表現活動
Re:C (NPO法人たかとりコミュニティセンター)
日本・2006年 13分
韓国で友達になったヒョジョンへ日本からビデオレターを送ることにした高校生
の監督・マツバラ・ルマ。母国語でない韓国語を駆使してヒョジョンへ話しかけ
る過程で、ブラジル生まれ、日本育ちの監督自身の 「母国」 「国語」 の想い
も駆け巡る。

■『海南島訪問記(仮)』
監督: 木室志穂
日本・2008年 10分
海南島で出会った女性の日常を、個性的な視点で切り取った作品。


主催: FAV連連影展&ブレヒト・カフェ実行委員会

協力: NPO前夜、 東京演劇アンサンブル、 関西クィア映画祭、
多文化な背景をもつ子どもたちによる表現活動 Re:C、Video Juku、
反差別国際運動日本委員会 (IMADR-JC)、 しみず工房、
アンケ・ハールマン[AHA]、 Karen Nakamura

※会場でのトークなどの際にサポートが情報保障などの必要な方は、
事前にメール (fav@renren-fav.org) 等でご連絡いただくか 、
当日、会場でスタッフに声をかけてください。

※会場に車いす等でお越しの方で、サポートが必要な方は、スタッフまで
声をかけてください。なお、最寄り駅の武蔵関は、上下線とも
エレベーター完備、車いす対応トイレが設置されています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。