FAV Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンキムが上映されます!

FAVが字幕をつけた
「タンキム~ポル・ポト政権下の性暴力を生きぬいて」
の上映会とトークが、大阪・東京で開催されます!

****************************

■ 大阪

映画上映「ポル・ポト政権下の性暴力を生きぬいて」&
講演「今、はじめて語られる歴史-カンボジア内戦下の性暴力-」

1970年代にカンボジアを支配したポル・ポト政権下では、100万人以上の人びとが
その犠牲となり命を奪われました。2006年7月にようやく、当時の戦争犯罪を裁く
ためのクメール・ルージュ国際法廷が開始されました。しかしながら、当時行わ
れていた女性に対する暴力の多くが語られることはほとんどなく、その実態は知ら
れることが少ないままにあります。

カンボジア弁護士の会の中川香須美さんは、女性に対する暴力の実態を明らかに
するために被害者や目撃者から丁寧な聞き取り調査を行い、それを報告書として
まとめました。今回の講演会では日本に一時帰国する中川さんから、聞き取り調査
から見えてきたこと、クメール・ルージュ国際法廷での性暴力を裁くための取組み
について、お話を伺います。また、ドキュメンタリー映画:「ポル・ポト政権下の
性暴力を生きぬいて」(監督:ラチャナ・パット Rachana Phat [カンボジア/
2004年/30分])も上映いたします。

◆日時:1月10日(水)18:30から20時30まで(開場:18:15)
◆場所:高槻市立総合市民交流センター
◆行き方:JR高槻駅南側中央改札口徒歩1分、阪急高槻駅徒歩10分
   (付近地図→)
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/kurasu/images/koryu.gif
◆講演者 中川香須美さん(カンボジア弁護士の会、アジア女性資料センター会員)
◆資料代 800円
◆主催:アジア女性資料センター&「女性・戦争・人権」学会
◆連絡先:清末愛砂 xd7a-kyse@asahi-net.or.jp
*どなたでも参加できます。事前予約はいりません。



■ 東京 


◆日時:2007年1月11日(木)19:00~21:00
◆場所:アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」オープンスペース
◆参加費: 800円(入館料含む)
◆共催:女たちの戦争と平和資料館、アジア女性資料センター
 協力:国際子ども権利センター


◎お問合せ・お申込は「女たちの戦争と平和資料館」まで
 TEL 03-3202-4633 Email: info@wam-peace.org
 URL:http://www.wam-peace.org

◎クメール・ルージュ時代の性犯罪の実態を初めて明らかにした中川香須美さん
の報告書『今、始めて語られる歴史 クメール・ルージュ時代の性犯罪・女性に
対する暴力』(2006年)を、500円で販売しています。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

favの記念すべき作品

「タン・キム ポルポト政権下の性暴力を生きぬいて」は、FAVが一昨年最初に字幕付けをした記念すべき作品。
勇気を出してカムアウトしたタン・キムに敬意を表すとともに、この作品をもっと広めていきたいと思う。

Satsuki | URL | 2007年01月10日(Wed)12:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。