FAV Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再度の宣伝:ビョン・ヨンジュ監督特集 上映も対談も見逃せない!‏

上映も対談も見逃せない!
全対談相手が決定しました。
みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください!

[対談相手]

12日vs斉藤綾子さん
13日vs矢野久美子さん
14日vs1回目北原みのりさん、2回目浜野佐知さん

■12日斉藤綾子さん
明治学院大学教員
専門:映画理論、フェミニズム映画批評
共訳書『視覚文化におけるジェンダーと人種』など

■13日矢野久美子さん
フェリス女学院大学教員
専門:ドイツ政治文化論・思想史
著書『ハンナ・アーレント、あるいは政治的思考の場所』など

■14日1回目北原みのりさん
ラブピースクラブ代表
著書『フェミの嫌われ方』など

■14日2回目浜野佐知さん
映画監督
作品『百合祭』『こほろぎ嬢』など



■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┃  ビョン・ヨンジュ監督特集 [上映+トーク]
□┃    2007.10.12 (fri.) ー 14 (sun.)
━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


山形国際ドキュメンタリー映画祭『アジア千波万波』の審査員
として来日する監督を東京に迎え、まるごとビョン・ヨンジュ
監督・作品の魅力に浸かる!

10月12日(金)
前夜祭 ビョン・ヨンジュ × 斉藤綾子 対談 [上映なし]
場所:港区立男女平等参画センター リーブラ

10月13日(土)&14日(日)
特集上映 ビョン・ヨンジュ5作品上映+監督トーク
場所:シネマート六本木

*以下、詳細です。

10月12日(金)19:00ー20:30
前夜祭 「ビョン・ヨンジュ監督と語ろう!」
ビョン・ヨンジュ × 斉藤綾子 対談 [上映なし]

場所:港区立男女平等参画センター リーブラ
参加費無料 (保育あり:事前にリーブラまで)
JR 田町駅下車 東口徒歩2分
地下鉄 三田線・浅草線 三田駅下車 徒歩4分
港区芝浦3-1-47 TEL: 03.3456.4149

10月13日(土)&14日(日)
特集上映 「ビョン・ヨンジュのすべて」
[5作品上映+監督トーク]

場所:シネマート六本木
六本木駅より徒歩2分
港区六本木3-8-15 TEL: 03.5413.7711

*チケットはすべて当日券のみです。
1回券=1500円
13(土)1日券=3900円
14(日)1日券=2600円

10月13日(土)@シネマート六本木(スクリーン4)
13:00ー『ナヌムの家』
14:40ー 監督トーク
15:40ー『ナヌムの家II』
17:20ー『息づかい』
18:40ー ビョン・ヨンジュ × 矢野久美子 対談

10月14日(日)@シネマート六本木(スクリーン4)
12:00ー『密愛』
14:00ービョン・ヨンジュ × 北原みのり 対談
15:00ー『僕らのバレエ教室』
17:00ー ビョン・ヨンジュ × 浜野佐知 対談

韓国社会を揺さぶり続けるビョン・ヨンジュ監督の全て

長く沈黙しながらも現在の社会に在る元「慰安婦」の女性たち
の日々、個性、生き難さを、クルーも生活を共にしながら撮影
したドキュメンタリー『ナヌムの家』(1995年)で映画界に
鮮烈に現れたビョン・ヨンジュ監督。

続いて『ナヌムの家II』(1997年)、『息づかい』(1999
年)を製作。

その後、初長編劇映画『密愛』(2002年)では、一筋の光が
射し込んでいく女性のある瞬間を描ききった。性役割を生き、
抗う女性たちに優しいまなざしを送り、家父長制社会や異性愛
社会の根本を揺さぶる。(出演:キム・ユンジン、イ・ジョン
ウォン、ケ・ソヨン 他)。

最新作『僕らのバレエ教室』(2004年)では、ひょんなこと
からバレエ教室に通うはめになった高校生たちを若手俳優たち
が自由に演じる。階級格差、同性愛、障害者など、社会の隅に
追いやられがちな状況を土台に、かっこいい男の子たちがタイ
ツをはいて踊る(出演:ユン・ゲサン、キム・ミンジョン、オ
ン・ジュワン、イ・ギュンギ 他)。

主催;山形国際ドキュメンタリー映画祭
港区立男女平等参画センター リーブラ
共催:FAV (連連影展)http://www.renren-fav.org
協力:シネマート六本木、SPO、パンドラ、ハピネット、
シネマトリックス、SIB
会場:シネマート六本木
港区立男女平等参画センター リーブラ

お問い合わせ:山形国際ドキュメンタリー映画祭・東京事務局
TEL: 03.5362.0672 E-MAIL: nac@tokyo.yidff.jp

スポンサーサイト

10月27日(土)「タンキム」上映会

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□┃        東京YWCAピースウィーク2007
 ┃
 ┃    ~いのちを伝える2週間~ 10/13(土) ~ 10/27(土)
━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


●東京YWCAでは、毎年、10月に平和を考えるピースウィークを
開催しています。
http://www.tokyo.ywca.or.jp/peaceweek/peaceweek2007.html
東京YWCA女性の人権委員会では以下の企画を立てました。
みなさまお誘い合わせの上、ぜひ足をお運びください。


★★───────────────────────

   東京YWCAピースウィーク2007 
     女性の人権委員会・関連企画

───────────────────────★★

★10/27(土)14:00~16:00
  丹羽雅代さんトーク付き上映会
『タンキム-ポル・ポト政権下の性暴力を生き抜いて』


この作品はカンボジアでクメール・ルージュ時代にポルポト兵士による
性暴力被害を受けたタンキムさんの証言をもとに
つくられた貴重なドキュメンタリー映画です。

タンキムさんは「レイプの被害者はみな殺害された」と言われている
カンボジア社会において、初めて実名と顔を公表し被害を告発した
勇気ある女性です。

現地聞き取り調査報告をまとめた中川香須美さんをサポートしてきた
丹羽雅代さんに解説をしていただきながら、内戦下の性暴力について考えます。


『タンキム-ポル・ポト政権下の性暴力を生き抜いて』

制作:DC-CAM Rachana Phat/2004/カンボジア/30分/
英語・日本語字幕
カンボジア・クメールルージュによる性暴力サバイバーの証言
(上映協力:連連影展・FAV http://www.renren-fav.org/ )

◆講 師: 丹羽雅代さん アジア女性資料センター運営委員
◆と  き: 2007年10月27日(土)
       14:00~16:00 (上映30分・講師トーク90分)
◆会 場: 東京YWCA会館 3階301室 http://www.tokyo.ywca.or.jp/
◆定 員: 30名(事前申し込み必要)
◆参加費: 一般999円/学生499円 (当日受付)
◆連絡先: 東京YWCA女性の人権委員会
      電 話 03-3293-5421
      FAX 03-3293-5570

(用語解説)
●クメール・ルージュって?
カンボジアにかつて存在した共産主義グループの通称であり、
赤いクメールを意味するフランス語が語源。
カンボジア人の間では、ポル・ポト派と呼ばれる。
正式名称はカンボジア共産党。1975-1979年の大量虐殺を招いた
時期に政権をとっていた政党。

●ポル・ポトって?
(Pol Pot、本名:サロット・サル、Saloth Sar、1925年5月19日 - 1998年4月15日)
クメール・ルージュの最高指導者。農家出身であったが、
機会を得て1950年代にパリに留学したエリート。
中国の文化大革命に影響を受け、カンボジアで
農民による革命を達成しようとした。
結果的には彼が政権の最高指導者であった約三年半の間は、
彼が最高指導者であるということはほとんど知られていなかった。



*** ピースウイーク 全体の情報はこちら ***

http://www.tokyo.ywca.or.jp/peaceweek/peaceweek2007.html

★ロビーでのビデオ上映もあります★

女性の人権委員会一押し作品!
「Women in Camouflage」
監督:嶋田美子さん
陸上自衛隊の女たちをコラージュした作品。
戦争と女性にまつわるイメージをいい意味で ずらしてくれる。
迷彩服のマネキンは必見。

ロビーでは「六ヶ所村通信」
(監督/鎌仲みゆき・制作/グループ現代)も上映します。

10月13日(土)~27日(土)  
※日曜休館 11:00~14:00 ・ 16:00~19:00
場所: 東京YWCA会館 1階ロビー
ロビーでのビデオ上映は無料です。

■東京YWCAピースウイーク実行委員会事務局
〒101-0062  
東京都千代田区神田駿河台1-8-11

■電話 03-3293-5421 FAX 03-3293-5570

■東京YWCA会館への道のり
JR「御茶ノ水駅」より徒歩4分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B1出口より徒歩4分
東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄新宿線・三田線「神保町駅」A5出口より徒歩8分
東京メトロ新宿線「小川町駅」B5出口より徒歩8分
東京メトロ丸の内線「御茶ノ水駅」より徒歩5分

地図 http://www.tokyo.ywca.or.jp/map/kanda.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(転送ここまで)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。