FAV Diary

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月25日京都でタンキム

「きみの知らないカンボジア~その戦乱の傷跡をたどる~」

かつて、長く続いてきた「内戦」のなかで民衆の虐殺がくりか
えされ、独裁政権のもとでは、性と結婚という個の領域さえも
管理され、いまも地雷の被害に苦しむカンボジア。現在(いま
)に向き合い、ここにつながる足跡(かこ)をたどって歩こう
と、こんな企画を考えました。

ときは春、お誘いあわせの上、皆さんのご参集をよろしくお願いします。

●3月25日(日)18:00~21:25
●ひとまち交流館京都
http://www.hitomachi-kyoto.jp/
●参加費:当日700円  事前予約500円
●プログラム
①18:10~カンボジア・スタディツアー報告
「カンボジアってどんな国?」
スライドと報告・NPO法人テラ・ルネッサンスインターン
上原誠子さん

②18:50~『タン・キム~ポルポト政権下を生き抜いて』上映
…カンボジア・クメールルルージュによる性暴力サバイバーの証言

③19:20~coffee break…協力団体のブースあり

④19:35~阿部ひろ江 ミニライブ

⑤19:55~写真家・中川裕次さん講演・トークカフェ
「カンボジアのひとびとは今 2007」

●主催:ゆるゆるトークかふぇ 
●連絡先:wheelchair_eye@yahoo.co.jp
●後援:京都新聞社会福祉事業団
●協力:連連影展FAV

スポンサーサイト

4/4 ホシノ・リナ監督来日記念上映&トークの夕べ

第4回連連影展で上映した「In God's House」
の監督ホシノリナさんが来日されるのを記念して上映会をします。

お話しもきけますよー。ぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『In God's House』
DVD発売&監督来日記念
上映とトークの夕べ

ゲスト:ホシノ・リナさん
日時:2007年4月4日(水) 19:00-21:00
場所:PA/F SPACE(地下鉄東西線早稲田駅2bか3bより2分) 
   http://www.pafspace.com/pafspace/riyou/riyou-3.html
参加費:500円
主催:In God’s House 東京上映会 
協力:連連影展FAV 
連絡先:URL: http://www.renren-fav.org  
   e-mail: fav@renren-fav.org
   FAX: 03-3401-8944


「In God's House」 アメリカ/ホシノリナ/2006/37分 
「神の家」である教会による抑圧、拒絶、黙殺。
クリスチャンでありレズビアンであるアジア系アメリカ人女性の
語りと共に、親の葛藤、教会のあり方を描いたドキュメンタリーです。
(HP:http://www.ingodshouse.com/

上映後、サンフランシスコ・ベイエリアから来日するホシノ監督と、
その友人である日系アメリカ人女性とラテン系アメリカ人女性のカップルも
トークに加わってくれます。
リラックスモードのスペースで、作品について
いろんなこと気軽におしゃべりしませんか?

併映:『SFチャイニーズ・ニューイヤー・パレード2006』
(ホシノリナ/2006年/15分/英語、字幕:日本語)
毎年2月サンフランシスコでは、中国系移民の人びとが
中国の新年を祝うニューイヤー・パレードを行っている。
2006年、このパレードにアジア系キリスト団体が
アジア系同性愛者連盟の山車と共に史上初めて参加した。

★DVDを当日3000円の特別価格にて販売予定!

ありがとうございました~

第4回FAVも楽しく
上映できました。

ご来場くださった方々、
ありがとうございました。


感想や上映してほしい作品などありましたら
教えてください。

自分たちの近くでも上映したい!
といった希望も相談にのりますので
ぜひおっしゃってくださいね~

いよいよ

明日です!
横浜YWCAで会いましょう!

当日上映するIn God's house も販売予定です。

では~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。